ピーナッツを食べ過ぎるとニキビができるとよくいわれています。しかし、栄養価が高くて、他のナッツ類と比べても飽和・不飽和脂肪酸が非常にバランスよく入っており、様々な健康効果があるスーパーフードとさえいわれています。

美容効果や体内コレステロールを減らしたり、体に良い効能がたくさんあります。しかし、その一方で「高カロリーで太る」「ニキビができる」ともいわれています。

どうしてピーナッツを食べるとできてしまうのでしょうか。それはやはり高脂質・高カロリーだからです。つまり、ピーナッツばかりでなく、ナッツ類、さらにいえばチョコレートなども同様です。

ただし、食べ過ぎなければ、ニキビになることもないのですが、ついつい美味しいからと食べ過ぎてしまうことが多いのです。そして特に、若い人が食べ過ぎてしまうと、ニキビになってしまうのです。

ピーナッツを食べ過ぎてしまった場合にはバランス良く、野菜なども一緒に大目に摂る様にすれば、かなりピーナツを食べたからといって、ニキビになってしまったりすることは防ぐことができるようになります。

ついつい、美味しいからといってピーナッツばかり食べてしまうのではなく、必ず野菜などを一緒に摂るようにすれば、大丈夫です。

j1

ピーナッツを食べ過ぎると太るの?

お酒のおつまみにピーナッツを食べるのが好きという人は多いですが、食べ過ぎると太るのか、気になっている方も多いようです。

ピーナッツは成分の半分以上が脂質で、1粒で約3kcal、100g当たりで約590kcalもあるので、カロリーの高い食品だといえます。

バターやチョコレートでコーティングしたものを食べると、さらにカロリーが高くなるので、ダイエット中の方の中には、食べ過ぎると太ると思い込み、避けている人も少なくありません。

しかしピーナッツばかり食べ過ぎる人はあまりいないので、それが原因で太る人は少ないと考えられます。

それにピーナッツの脂は不飽和脂肪酸なので、身体には良いものですし、糖質が少ないので、ケーキやビスケットなどのスイーツを食べるよりは健康的です。

それどころかダイエット効果を高められるので、体重を落としたいときは食べた方が良いといわれています。なぜならピーナッツにはビタミンB群が含まれているので、糖質をエネルギーに変換し、脂肪燃焼をサポートできるからです。

亜鉛も含まれているので、代謝を高めて痩せやすい体質に導けますし、食物繊維も入っているので、便秘解消にも役立ち、体の中からスッキリさせられます。

j2

ピーナッツを食べ過ぎると腹痛や便秘になるって本当?

ピーナッツの食べ過ぎで腹痛になることがあります。

ピーナッツは冷え性に効果があると言われています。また、良質なオレイン酸が含まれているため、「動脈硬化」「高血圧」「心臓病」を予防する作用があります。ビタミンEも含まれているので、アンチエイジング効果も期待できます。

「生理不順」「月経前症候群(PMS)」「更年期障害」などの症状を和らげる効果が期待できる、レスベラトロールという栄養素も含んでいるため、女性にとって嬉しい食べ物です。

ですが、100gで約560kcalと高カロリーですので、食べ過ぎると思った以上にカロリーを摂取してしまうことがあります。また、ピーナッツに含まれるビタミンは消化吸収率があまりよくありません。

そのため、食べ過ぎると消化不良を起こし、腹痛を引き起こします。皮に含まれているタンニンという成分は腸の働きを低下させるため、便秘を引き起こすこともあります。

ピーナッツによる腹痛を防ぐには、当たり前ですが食べ過ぎないようにしましょう。食べる目安としては、1日20粒から30粒が適量です。

ピーナッツは食物繊維が豊富ですので、食べ過ぎなければむしろ便秘に効果があります。

どんなものも適量が大事です。

j3

胃もたれするの?

よくピーナッツを食べ過ぎると下痢や胃もたれ、胸やけがすると言う方が居ます。他にも鼻血が出るという話もありますが、なぜピーナッツを食べ過ぎると体調に変化が生じるのでしょうか。

まず胃もたれの原因になりやすい食品としては、胃を荒らしやすい食品であることや、胃に負担をかける食物繊維が豊富な食べ物や脂っこい食べ物であること、また胃を冷やす食べ物であることなどが挙げられます。

この中でピーナッツに関連しているのは、食物繊維と脂っぽい食べ物という事です。これらの原理としては、ナッツ類に含まれるオレイン酸や食物繊維は、適量であれば便秘に効果的と言われています。

しかし、食べ過ぎる事で油脂を分解しきれなくなり、胃もたれや吐き気などの消化不良の症状や、油脂が腸内に留まり腸内環境を悪化させて便秘などを招くそうです。

なお、ピーナッツの他にも同じアーモンドやカシューナッツなどのナッツ類は食べ過ぎると胃もたれや吐き気、下痢、便秘など消化器系に影響が出やすいので注意しましょう。

ちなみに鼻血の原因に関しては、ナッツ類に多く含まれるポリフェノールが、食べ過ぎる事で血行が良くなりすぎて鼻血が出たり、硬い食べ物を噛むと鼻の一部分が刺激されて出るとか、栄養価が高いせいとか色々な説があるようです。

j4

ところで

ところで、ピーナッツは黒ずみに対して効果が期待できるという話があったりします。

もしあなたが肌の黒ずみについて多少気にかけているということでしたら、黒ずみに関するサイトを見てみると良いかもしれません。